窓ガラスが割れた時

もし、窓ガラスが割れた時は、触らないようにした方がいいです。少しのヒビであっても、ちょっとした振動などでいきなり割れだして怪我の原因となってしまいます。なので、東京で窓ガラスが割れた時には、何もせず、すぐにガラス修理業者を呼ぶようにしましょう。

ガラス修理業者利用の流れ

問い合わせ

利用するガラス修理業者へ電話をして問い合わせを行います。窓ガラスが割れた旨を伝えてすぐ修理に来てほしいということを伝えます。業者の業務が終了する間際に連絡しても、翌日の修理になってしまうので、割れたらなるべく早く連絡するようにしましょう。

修理

修理を依頼したのが、午前中であれば基本的に当日中に修理してもらえるでしょう。窓の大きさを伝えるだけで、その他の必要なものは全て業者が用意してくるので、こちらが用意するものは特にありません。業者が来ると、まず割れた窓の回収を行います。その後、新しい窓を入れて、接着していきます。これで全ての作業が終わりになります。

会計

作業の終了までにかかる時間は、一枚なら大体30分程でしょう。作業が終わると、すぐに会計に移ります。窓の種類や大きさにより料金は大きく変わるので、気になる方は問い合わせの段階で料金を確認しておくといいでしょう。

応急処置はしない方がいい!?

よく割れた窓ガラスを段ボールやブルーシートで塞いでいるのを目にしますが、あれはプロが行う応急処置となっています。素人がやろうとすると、とても危険なので、周囲に近付かない程度にしておきましょう。

[PR]
ガラス修理は東京の業者へ
明朗会計だと話題に

小さな亀裂でも窓ガラスの修理はした方がいい?応急処置について知る

作業員

窓が割れたら交換するのもアリ

窓が割れてしまった時は、新しい窓を付けるのにお金が掛かります。なので、割れたついでに交換してしまうのもアリです。窓にはたくさんの種類があります。割れにくい窓や木製サッシ、内窓など挙げるとキリがない程あります。新しい窓を設置する場合は、住んでいる地域や気候に合った窓を選ぶといいでしょう。

どこから交換する必要があるのか

ダイナミックに割れてしまっている窓ガラスを交換するのは分かりますが、数ミリ程度のヒビが入っている場合は交換の必要があるのか迷います。数ミリ程度の多少のヒビであれば修理だけでも対処できるため、交換する必要はありません。ですが、窓ガラスの耐久力を大きく下げしてしまっている程のヒビであれば交換した方がいいでしょう。割れるのも時間の問題です。

ヒビには応急処理をしておこう

割れた窓ガラスに応急処置をするのは危険ですが、小さなヒビであれば応急処置をしておく必要があります。少しのヒビであっても、窓の耐久性は確実に下がっています。なので、布製のガムテープなどを貼りつけておきましょう。窓ガラスの修復用のパテなどが販売されているので、そういった商品を利用するのもいいでしょう。

[PR]
窓ガラス修理依頼を♪
良い業者を紹介してくれる!

[PR]
ガラス修理は業者にお任せ♪
割れたまま放置しないで!

[PR]
内窓を購入しよう!
気軽に注文ができちゃう